東京・神奈川でがん検診を受けるならゆうあいクリニック

検査のご案内

生化学検査

ゆうあいクリニックの検査は、生化学検査の豊富さも自慢です。がん検診の各コースに標準でセットされている血液検査では、血液を採取し、51項目もの検査を行います。がんの有無を調べることはもちろん、生活習慣病全般をチェックできます。

尿検査

尿中に含まれている組織や成分、尿の濁り、色調などを調べる検査で、腎臓から尿道にいたる尿路の疾患などを知ることができます。検査では排尿後の中間尿を採取し、まずは色調や濁りを調べます。次に尿中に赤血球や白血球、細菌などの存在を顕微鏡で確認するほか、尿中の尿タンパク、尿糖、尿潜血などを調べます。成分などを分析して細菌、血尿の有無を調べることにより、前立腺の病気をはじめ、様々な病気を見つけることができます。ゆうあいクリニックでは、尿糖、尿蛋白、ウロビリノーゲン、尿ビリルビン、尿比重、尿ph、尿アセトン体、尿潜血の8項目を調べます。

尿糖

血糖値が高いと陽性になります。糖尿病でも早期空腹時は尿糖陰性のこともあります。

尿蛋白

腎疾患では陽性になります。体質的に運動起立時に弱陽性になる人もいます。

ウロビリノーゲン

(+/-)が正常です。肝疾患や腸疾患で変動します。

尿ビリルビン

黄疸があるときに陽性になります。血清尿ビリルビンともに高値になります。

尿比重

脱水時には高値に、多量飲水や尿崩症では低値になります。

尿pH

糖尿病、肺気腫、気管支喘息、脱水、嘔吐、腎不全等さまざまな疾患で変動します。採尿後時間が経つとアルカリ(高値)に傾きます。

尿アセトン体

糖尿病や低栄養で陽性になります。検査絶食が長くても陽性になります。

尿潜血

腎炎や尿路結石、尿路腫瘍では陽性になります。膀胱炎や月経時にも陽性になります。

トップへ

便潜血検査

一般的に「便潜血反応」は大腸の異常をみるときに使用しますが、胃潰瘍や十二指腸潰瘍からの出血でも陽性になることもあり、まれに胃がんがみつかることもあります。また、毎回必ず出血するわけではないことから潜血を採取できないこともあるため、ゆうあいクリニックにおける便潜血検査は日を変えて2日分採取することになっています。しかし、それでも潜血反応が出ない場合もありますので、「再検査で陰性だったから、大腸がんはない」と安心してはいけません。一回でも陽性が出たら、精密検査を受ける必要があります。

便中ヒトヘモグロビン定量1日目

便潜血検査(1日目)です。大腸からの出血の有無をみます。数値が高いほど出血量が多いです。

便中ヒトヘモグロビン定量2日目

便潜血検査(2日目)です。大腸からの出血の有無をみます。数値が高いほど出血量が多いです。

トップへ

血液基本検査(51項目)

赤血球数(RBC)

貧血で減少します。また脱水や多血症では増加します。

白血球数(WBC)

感染症などの炎症や血液疾患では著明に増減します。ストレスや体調不良でも軽度増加します。

血色素(Hb)

貧血の指標です。貧血は消化性潰瘍や痔、子宮筋腫、月経過多、がん等の出血性疾患でおこります。

ヘマトクリット(Ht)

貧血で低値になります。貧血は出血性疾患のほかに、鉄分やビタミン欠乏でもおこります。脱水では高値になります。

平均赤血球容積(MCV)

貧血のタイプ判定をみます。低値の場合は出血や鉄欠乏、高値の場合はビタミン欠乏や肝腎の疾患の疑いです。

平均赤血球血色素量(MCH)

貧血のタイプ判定をみます。MCV、MCHCと組み合わせて判定します。

平均赤血球血色素濃度(MCHC)

貧血のタイプ判定をみます。MCV、MCHと組み合わせて判定します。

血小板数

血液の成分です。止血作用があります。肝疾患や血液疾患で低値になり、出血傾向(鼻血や皮下出血)がでます。

白血球分画(10項目)

白血球を好塩基球、好酸球、骨髄芽球、前骨髄球、骨髄球、後骨髄球、好中球、リンパ球、異型リンパ球、単球の10種類に分類し、アレルギー疾患や感染症など、さまざまな疾患の可能性を調べます。

CRP

炎症反応の一つです。感染症や自己免疫疾患で高値になります。かぜなどの体調不良でも上がります。

総蛋白

低値の場合は低栄養や腎疾患、高値の場合は肝疾患・膠原病・骨髄腫などが疑われます。

アルブミン(Alb)

栄養分となるたんぱく質です。低値の場合は低栄養や肝臓・腎疾患が疑われます。

総ビリルビン(Tbil)

黄疸色素です。肝臓や胆道の疾患で高くなります。体質的に絶食時に高くなる人もいます。

直ビリルビン(Dbil)

黄疸色素の一つです。肝臓・胆道(胆管や膵管)の疾患で高値になります。

硫酸亜鉛試験(ZTT)

グロブリンたんぱく質の量に反映します。慢性肝疾患や血液疾患で高値になります。

AST(GOT)

肝酵素の一つで血液や筋肉にも含まれます。肝障害時に高く、溶血や筋肉障害時にも上がります。

ALT(GPT)

肝酵素です。慢性肝炎など肝障害で上昇します。また脂肪肝でも上がります。

ALP

肝臓と骨に含まれる酵素です。肝胆道疾患や骨疾患でも上昇します。

コリンエステラーゼ(ChE)

肝臓で作られる酵素です。脂肪肝や肥満で高値、肝硬変や低栄養で低値になります。

γ-GT(γ-GTP)

過度の飲酒や薬剤性の肝障害のときに上昇します。黄疸や肝腫瘍でも上がります。

乳酸脱水素酵素(LD)

ほとんどの臓器に存在する酵素です。高値の場合は何らかの臓器の障害を示す可能性があります。採血時の溶血で上がることもあります。

クレアチンキナーゼ(CK)

筋肉に含まれる酵素です。筋炎や心筋梗塞、甲状腺機能低下症で高値になります。激しい運動後やコレステロールの薬でも上昇します。

膵アミラーゼ(AMY)

膵臓で作られる酵素です。膵臓の炎症や腫瘍などで高くなります。膵臓の機能が低下すると低値になることがあります。

総コレステロール(T-Cho)

細胞膜やホルモンの原料になります。過剰摂取で動脈硬化(脳梗塞や心筋梗塞)の原因になります。

LDLコレステロール(LDL-C)

いわゆる悪玉コレステロールです。高値の場合は動脈硬化の危険因子です。

HDLコレステロール(HDL-C)

善玉コレステロールです。低値の場合は動脈硬化の危険因子です。

non HDLコレステロール

総コレステロール-HDLコレステロールで、動脈硬化を起こすリポ蛋白中のコレステロールの総和です。

LDL-C/HDL-C比

悪玉のLDLコレステロールと善玉のHDLコレステロールの比です。値が高いほど、動脈硬化やプラーク(血栓)ができやすく、異常に高い場合はプラークがはがれやすくなり脳卒中や心筋梗塞などのリスクが高くなります。1.5未満では動脈硬化が退縮するといわれています。

中性脂肪(TG)

食事での脂肪摂取で高値になります。コレステロールとともに動脈硬化に関連します。

推算糸球体ろ過量(eGFR)

腎機能の指標で、1分間に腎臓の糸球体よりろ過される尿量で表します。血清クレアチニン値、年齢、性別より推算式で計算したものです。正常値は90以上です。自覚症状がなくても、蛋白尿が陽性でeGFR50未満では、腎臓内科での精密検査や治療が必要です。

尿酸(UA)

痛風の原因物質です。動物性食品やビール摂取にて高値になります。

尿素窒素(UN)

腎機能の一つです。脱水や腎障害のときに上昇します。また高たんぱくな食事でも上がります。

クレアチニン(Cre)

腎機能の一つです。脱水や腎障害のときに上昇します。また体中の筋肉量が減ると低下します。

クロール(Cl)

電解質の一つです。Naとともに腎疾患や呼吸器疾患で大きく変動します。

リン(P)

電解質の一つです。副甲状腺機能異常などの内分泌疾患や、骨代謝異常をおこす疾患、腎疾患を推測できます。

ナトリウム(Na)

電解質の一つです。腎疾患や心疾患、甲状腺疾患で増減します。塩分の取り過ぎでも上がります。

カリウム(K)

電解質の一つです。腎障害や溶血で上昇します。下痢や利尿剤服用で低下します。

カルシウム(Ca)

電解質の一つです。副甲状腺機能異常で増減します。転移性骨腫瘍では著明に高値になります。

鉄(Fe)

潰瘍や子宮筋腫などの出血性疾患や食事からの鉄欠乏で低値になります。

血糖(BS/グルコース)

空腹時血統126mg/dl以上、または食後血糖200mg/dl以上で糖尿病の診断です。

HbA1c(NGSP)

糖尿病の指標です。空腹時血糖が正常な境界型糖尿病でも高値になります。

NT-proBNP

心臓の心室から分泌されるホルモンで、心室の状態に関係する心不全、腎不全、高血圧、心肥大や急性心筋梗塞などで上昇します。

hANP

心臓の心房から分泌されるホルモンで、心房の負荷をもたらす心不全、腎不全、高血圧症などで上昇します。

トップへ

肝炎ウイルス検査(4項目)

HBs抗原(HBsAg)

B型肝炎の検査です。陽性の場合、ウイルス感染を意味します。肝機能障害があれば慢性肝炎の可能性があります。

HBs抗体(HBsAb CLIA)

B型肝炎ウイルスの既往感染の検査です。陽性の場合は以前の感染を示しています。病的意義はありません。

HBc抗体(HBcAb CLIA)

B型肝炎の検査です。HBs抗原またはHBs抗体が陽性だった場合、HBc抗体価によってさらに詳しい病態を知ることができます。

HCV抗体(HCVAb)

C型肝炎の検査です。陽性の場合はウイルス感染の可能性があるため精密検査が必要です。

トップへ

甲状腺検査(5項目)

新陳代謝に関わりが深く、動脈硬化にも関連する甲状腺機能の異常を調べます。甲状腺ホルモンの量を測定するほか、甲状腺がんや慢性甲状腺炎などに反応する血液検査を行います。

TSH

甲状腺刺激ホルモンです。甲状腺機能異常で増減します。

FT3

甲状腺ホルモンです。体の細胞のエネルギー代謝率を上げる作用があります。異常かどうかはTSHやFT4とあわせて判断します。

FT4

甲状腺ホルモンです。細胞の中でFT3に変化して作用します。サリチル酸、一部の解熱鎮痛剤や利尿剤で高めの値になることがあります。

サイログロブリン

甲状腺マーカーです。慢性甲状腺炎や甲状腺腫瘍で高値になります。良悪性の判定は困難です。

抗TPO抗体

甲状腺マーカーです。甲状腺腫がみられ、抗TPO抗体が陽性の場合は、バセドウ病や橋本病が疑われます。

トップへ

肝がんリスク血液検査(3項目)

肝臓の線維化マーカーをチェックすることにより、肝臓の線維化の早期発見が可能になります。

肝臓に炎症が慢性的に起こると、症状がまったくないうちに、線維化がすすんで、肝硬変や肝臓がんになるリスクが高くなります。一般的な医療機関での肝機能検査や画像検査では、肝臓の線維化の早期発見は困難です。脂肪肝、肝障害がある方、B型肝炎やC型肝炎をお持ちの方、過去にこれらを指摘されたが今は問題ないといわれている方、飲酒量が多い方、メタボリック症候群の方、糖尿病の方などにおすすめします。

フェリチン定量

貯蔵鉄を反映し、鉄の不足や過剰の判断に有用です。鉄の過剰は肝障害をさらに悪化させる因子です。

ヒアルロン酸

肝臓の線維化がすすむにつれ、高値になっていきます。肝硬変の診断に有用です。関節リウマチ、関節症、胸膜炎などの炎症、悪性腫瘍、腎機能障害などでも高くなり得ます。

Ⅳ型コラーゲン7S

肝臓の線維化がすすむと高くなります。各種肝障害、糖尿病、甲状腺機能亢進症、間質性肺炎、心筋症、転移性肝がんなどでも高値になることがあります。

トップへ

アレルギー検査

つらいアレルギーを引き起こす原因物質を突き止めます。アレルギー疾患を改善するための第一歩は、その原因物質を見つけ出すことです。花粉やハウスダストなどから引き起こされる吸入系のアレルギー、または食べ物によるアレルギーについて、その原因となる物質を血液検査で調べます。

アレルギー検査(吸入系)

【ヤケヒョウヒダニ・スギ・カモガヤ・ブタクサ・カビマルチ・動物上皮マルチ・ハウスダスト】
アレルギー性鼻炎、気管支喘息などの原因になる物質をチェックします。0が陰性です。1~5で表示され、数字が大きいほど、血液成分のアレルギー反応の程度が強いことを意味しますが、必ずしも症状の出具合とは一致しません。

アレルギー検査(食物系)

【卵白・ミルク・小麦・ソバ・ピーナッツ・エビ・カニ】
食物アレルギーのチェックをします。0が陰性です。1~5で表示され、数字が大きいほど、血液成分のアレルギー反応の程度が強いことを意味します。陽性であっても、症状が出ないこともあり、食事制限の判断は医師の指示を仰ぎましょう。

トップへ

ウイルス感染症抗体検査(4項目)

麻疹、風疹、ムンプス、水痘への抵抗力がわかります。 麻疹(はしか)、風疹(三日ばしか)、ムンプス(おたふくかぜ)、水痘(水ぼうそう)はかかると病状が重くなりやすく、治っても強い後遺症が残ることもしばしばあり、他の方への感染力も大変強いウイルス感染症です。これらの抗体価を測定し、抵抗力があるかどうかを調べます。過去にかかったかはっきりわからない、昔ワクチン接種をしたが、今免疫力が維持されているだろうか?そのような方に強くおすすめする検査です。

風疹抗体

風疹は感染性のあるウイルス性疾患で、発疹を伴う軽い症状があります。過去の風疹感染や予防接種による抗体の有無を調べます。

麻疹抗体

麻疹(はしか)は非常に感染性の強いウイルス性疾患で、発熱、咳、広範な発疹が特徴です。過去の麻疹感染や予防接種による抗体の有無を調べます。

ムンプス抗体

ムンプス(おたふくかぜ)は、接触感染性のウイルス性疾患で、唾液腺(耳下腺)が痛んで腫れます。年長の人では、精巣、中枢神経系などの臓器がおかされることがあります。過去のムンプス感染や予防接種による抗体の有無を調べます。

水痘抗体

水痘は非常に感染性の強い接触伝染性の疾患であり、水痘ヘルペスウイルスに起因します。このウイルスは帯状疱疹の原因になることもあります。過去の水痘感染や予防接種による抗体の有無を調べます。

トップへ

HIV抗原・抗体検査

HIV-1.2抗原・抗体

HIVウイルス(ヒト免疫不全ウイルス:通称エイズウイルス)の1型、2型に現在感染しているかどうかをみます。
感染していても、感染機会後28日は陽性になりません(ウインドウ期、ウインドウピリオドといいます。)感染機会後28未満でこの検査をして陰性であっても感染していないとは断定できません。検査の時期に注意が必要です。状況によっては再検査が必要になることがあります。

トップへ

リウマチ・膠原病検査(6項目)

関節リウマチなど、膠原病の早期発見を目的とした血液検査です。膠原病は細胞同士をつなぐ結合組織に炎症が生じる病気の総称で、関節リウマチがその代表例です。リウマチは高齢者の病気と思われがちですが、発症ピークは30~50歳代と若く、1対4で女性に多い病気です。

リウマチ因子(RF)

血液中にリウマチ因子が存在するかどうかを調べる検査です。主に関節リウマチの診断に使用されます。

抗CCP抗体

関節リウマチのマーカーです。感度が高く、またリウマチの重症度と比例するといわれています。

抗核抗体(ANA)

核抗体は、自分の体内の組織を攻撃する免疫反応により作られた抗体です。全身性エリテマトーデスなどの膠原病で陽性を示します。

抗DNA抗体

膠原病患者の血清中には、DNAに対する抗体が存在する場合があります。全身性エリテマトーデスをはじめとする膠原病の診断や、活動性の評価に適用されます。

血清補体値(CH50)

補体系異常の関与する疾患や先天性補体成分異常症などの診断・経過観察・治療効果判定に有用です。全身性エリテマトーデスや関節リウマチなどで低下し、悪性腫瘍で上昇することもあります。

免疫グロブリン(IgG/IgM/IgA)

膠原病、多発性骨髄腫、マクログロブリン血症などの診断に役立ちます。

トップへ

胃がんリスク血液検査(4項目)

日本人に多い胃がんのリスクを血液検査で調べます。胃がんを発生させる原因のひとつであり、胃粘膜に寄生しているヘリコバクター・ピロリの検査のほか、胃で分泌される消化酵素であるペプシノゲンの値を調べ、胃炎、胃潰瘍、胃がんなどの兆候がないかを調べます。

ヘリコバクター・ピロリ抗体

胃粘膜に寄生するヘリコバクター・ピロリの検査です。日本成人の約半数が陽性です。胃炎や胃潰瘍、胃がんにも関連します。

ペプシノゲンⅠ(PGⅠ)

胃で分泌される消化酵素です。胃炎で低値になります。

ペプシノゲンⅡ(PGⅡ)

胃で分泌される消化酵素です。胃炎で低値になります。

ペプシノゲンⅠ/Ⅱ比(PGⅠ/Ⅱ比)

低値の場合、萎縮性胃炎の可能性があります。この場合は胃がんの発生母地になり得ます。

トップへ

がん検診・人間ドックのご予約

お電話からのお問い合わせ・ご予約 045-540-8216
電話する
045-540-8216

受付時間:9時~18時(日・祝日・年末年始除く)

インターネットでのご予約 プラン一覧・WEB予約
  • がん検診・人間ドック

    プラン一覧・WEB予約
    045-540-8216

    9時~18時(日・祝日・年末年始除く)

    ※本ダイヤルでの通話は、電話応対の品質向上とお問い合わせ内容確認のため、録音させていただいております。

  • 医療機関の方

    ご予約方法を確認する
    045-540-8215

    9時~18時(日・祝日・年末年始除く)

    ※本ダイヤルでの通話は、電話応対の品質向上とお問い合わせ内容確認のため、録音させていただいております。