東京・神奈川でがん検診を受けるならゆうあいクリニック

検査のご案内

その他の検査

基本検査

身長、体重、血圧、視力、聴力、腹囲を測定するほか、心電図検査も行います。心臓の筋肉が全身に血液を循環させるために拡張と収縮を繰り返すとき、微弱な活動電流が発生します。その変化を波形として記録し、その乱れから病気の兆候を読み取ろうとするのが心電図検査です。心臓の疾患に関する検査の中では比較的簡単に行えるため、病気発見の第一の手がかりとしてよく用いられます。

  • 身長と体重を使って自動的にBMI(Body Mass Index)を計算します。これは一般的に肥満度をはかる指標ですが、スポーツ選手など筋肉が非常に多い方の場合などは、肥満でなくてもこの数値は高くなります。
  • 心電図検査は女性の検査技師が担当します。
トップへ

骨量検査

自覚症状なく進行する骨の衰えを超音波検査で素早く調べます。 超音波診断装置を使用し、骨量を調べることで、骨粗しょう症の兆候や、骨折の危険性などをチェックする検査です。

トップへ

内臓脂肪測定

生活習慣病の原因となる内臓脂肪の量を測定します。メタボリックシンドロームは、腹囲が一定基準値以上かつ高血圧・高血糖・高脂血症のうち2つ以上を合わせ持った状態を指し、心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化性疾患の発症リスクが高まるといわれています。

この検査では、CTによる内臓脂肪と皮下脂肪の測定を行い、メタボリックシンドロームの兆候について診断します。

トップへ

眼底・眼圧・視野検査

眼の病気も、がん同様、初期段階では自覚症状が出にくいものが多いです。 成人の失明の上位は緑内障、網膜色素変性、黄斑変性、糖尿病性網膜症です。初期には自覚症状はなく、検診で早期発見・早期対応が大切です。40歳以上の20人に1人は緑内障といわれており、40歳以上の方には毎年受けていただきたい検査です。

検診ですので、眼科通院中の方は受診の必要はありません。また、糖尿病の方は検診でなく、眼科専門医の診察をお受けください。

トップへ

子宮頸部細胞診

若い女性に増えている子宮頸がんを詳しく調べます。 子宮頸がんのごく初期や、がんになりかけの細胞(異形成)があるかどうかもわかります。

専用ブラシを使って子宮頸がんの発生しやすい子宮頸部や膣部の表面粘膜の細胞を採取し、液状処理法で検査をします。液状処理法はスライドガラスに塗布する従来の方法に比べ、より多くの細胞が採取でき、細胞も壊れにくく、顕微鏡で観察しやすいメリットがあります。衛生面に配慮し、膣鏡(クスコ)は、ディスポーザブル(1回のみ使用)です。

トップへ

ハイリスクHPV診断

子宮頸がんの原因ウイルスであるハイリスクHPV(ヒトパピローマウイルス)の持続感染があって、がん化の兆候があるかを調べます。 子宮頸部細胞診検査と併用することで、中等度異形成以上の異常の発見がほぼ100%になります。

子宮頸部にハイリスクHPVが感染すると、ほとんどは免疫によって自然に感染が排除されるのですが、持続感染が起こることがあり、数年~十年程度の持続感染を起こしている方の一部で、がんが発生してきます。ハイリスクHPVの持続感染がなければ、子宮頸がんのリスクはほとんどないと考えられ、検診間隔を延長することができます。

トップへ

がん検診・人間ドックのご予約

お電話からのお問い合わせ・ご予約 045-540-8216
電話する
045-540-8216

受付時間:9時~18時(日・祝日・年末年始除く)

インターネットでのご予約 プラン一覧・WEB予約
  • がん検診・人間ドック

    プラン一覧・WEB予約
    045-540-8216

    9時~18時(日・祝日・年末年始除く)

    ※本ダイヤルでの通話は、電話応対の品質向上とお問い合わせ内容確認のため、録音させていただいております。

  • 医療機関の方

    ご予約方法を確認する
    045-540-8215

    9時~18時(日・祝日・年末年始除く)

    ※本ダイヤルでの通話は、電話応対の品質向上とお問い合わせ内容確認のため、録音させていただいております。