東京・神奈川でがん検診を受けるならゆうあいクリニック

気になる病気

前立腺がん

前立腺がん画像
前立腺は男性だけにあり、精液の一部をつくっている臓器です。前立腺は、恥骨の裏側に位置しています。前立腺がんは、前立腺の細胞が正常な細胞増殖機能を失い、無秩序に自己増殖することにより発生します。発生要因は、遺伝子の異常などといわれていますが、正常細胞ががん化する原因はまだ解明されていません。前立腺がんは早期に発見すれば手術や放射線治療で治癒することが可能です。また、比較的進行がゆっくりであることが多く、かなり進行した場合でも適切に対処すれば、通常の生活を長く続けることができるのが特徴です。日本における前立腺がんによる死亡数は約1.1万人で、男性がん死亡全体の5%を占めるといわれています。前立腺がんの罹患数は、その約4倍にのぼり、男性がん罹患全体の約1割を占めます。罹患率は65歳前後から顕著に高くなります。

ゆうあいクリニックで行われている前立腺がん検診

腹部CT検査

X線を照射して臓器の形の異常を見つける検査です。ゆうあいクリニックではCTで撮影します。レントゲン撮影によって写し出したX線画像は立体物をフィルム画像に焼き付けたものを指すことが多く、前後の像が重なって写ります。これを読影という方法で重なった画像の影の濃淡でその立体的形を予測していくため、正確な診断は不可能で、診断する医師の経験や読影能力に大きく左右されます。CTは人体を輪切りにした画像を撮影でき、薄く広がっているタイプのがんや、悪性度の低い高分化がんの発見にも優れています。写った画像がそのまま画像として見えるため、精度の高い診断を行う事ができ、治療計画に大きく貢献します。腎臓、肝臓、すい臓などをよく観察できるほか、肺がんの早期発見には最も適した検査だといわれています。

ゆうあいクリニックのがん検診には、腹部を含む頭頂部から大腿基部までのCT検査が標準でセットされています。

検診コース一覧はこちら
  • 注意事項

  • メドトロック社製心臓ペースメーカー「InSync8040」および「“セラ”シリーズ」をお使いの方は、ペースメーカーが誤作動をおこす可能性がありますので、受診できません。

骨盤部MRI

MRI(Magnet Resonance Imaging:磁気共鳴画像)検査は、人体に強力な磁場・電磁波を加えることによって生じる核磁気共鳴現象を利用し、発生したラジオ波を受信して画像化する検査です。あらゆる角度から体内の状態を画像化して、疾病の有無を調べます。人体を輪切りにした画像を撮影するということでCT検査と混同されがちですが、両者はまったく異なる検査です。MRI検査ではX線を使用しないため、放射線被ばくはありません。MRIはCTのように短時間で広範囲を撮影することはできませんので、全身のスクリーニングには不向きですが、画像には組織に含まれる水分量や線維質、金属などが鋭敏に反映されるため、CTよりも組織の差を明瞭に画像化することができ、局所の病気の広がりを詳しく調べることができます。

ゆうあいクリニックのレディース、スタンダード、アンチエイジング、プレミアムの各コースに標準でセットされています。

検診コース一覧はこちら
  • 注意事項

  • 妊娠中またはその疑いのある方は受診できません。
  • 体内金属がある場合は画像が劣化することがあります。該当する方は、検査当日に看護師にお伝えください。
  • 心臓ペースメーカー、人工内耳、植込み型除細動器を体内に装着されている方は受診できません。
  • 閉所恐怖症の方は検査ができない場合があります。該当する方は、検査前に必ずご相談ください。
  • カラーコンタクトは発熱する可能性がありますので、検査前に外していただきます。また、刺青やアートメイク等も発熱の恐れがありますので、安全のため検査を中止する場合があります。

腫瘍マーカー

腫瘍マーカー検査は、がんに特化した血液検査で、がん細胞が発生することで生じる特有の物質や、がん細胞を認識して正常細胞が作り出す物質などを調べます。がん検診の各コースに標準でセットされている腫瘍マーカー検査では、6項目(以下「基本6項目」という。)の検査を行います。また腫瘍マーカー検査は、消化器のがんの発見に役立つもの(消化器5項目)や女性のがんに特化したもの(女性6項目)、さらには肺がんの発見に特に有用な腫瘍マーカー(肺4項目)をオプション検査として追加することも可能です(プレミアムコースにはこれらの腫瘍マーカーはすべて標準でセットされています)。

前立腺がんを検査する腫瘍マーカーには、基本6項目、消化器5項目が有効です。

検診コース一覧はこちら

尿検査

尿中に含まれている組織や成分、尿の濁り、色調などを調べる検査で、腎臓から尿道にいたる尿路の疾患などを知ることができます。検査では排尿後の中間尿を採取し、まずは色調や濁りを調べます。次に尿中に赤血球や白血球、細菌などの存在を顕微鏡で確認するほか、尿中の尿タンパク、尿糖、尿潜血などを調べます。成分などを分析して細菌、血尿の有無を調べることにより、前立腺の病気をはじめ、様々な病気を見つけることができます。

ゆうあいクリニックのすべての検診コースに含まれています。

検診コース一覧はこちら
  • がん検診・人間ドック

    プラン一覧・WEB予約
    045-540-8216

    9時~18時(日・祝日・年末年始除く)

    ※本ダイヤルでの通話は、電話応対の品質向上とお問い合わせ内容確認のため、録音させていただいております。

  • 医療機関の方

    ご予約方法を確認する
    045-540-8215

    9時~18時(日・祝日・年末年始除く)

    ※本ダイヤルでの通話は、電話応対の品質向上とお問い合わせ内容確認のため、録音させていただいております。